防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
少しでも安く 防犯効率アップを! 問題は、あなたの家を守れるか守れないかです。
犯罪被害や防犯対策へのご意見や妙案公募

 

ご意見や妙案を募集しています。
                
児童の誘拐や殺人事件への対策はどうすればいいの?

                東京在住 Mさんからのご意見
                                    18.02.22

 長浜の事件は本当にショックでした。
 本当に、「信じられない!!」の一言に尽きます。

 数年前、文京区音羽で起きた事件の時は、
 おぼろげにも加害者の気持ちを理解できるものがありましたが、
  今回は、全く理解に苦しみます。
 参考1.サバイバルママ・ちえピーさんの記事:
 http://homepage2.nifty.com/SURVIVALMAMA/1-2.html
  参考2. Yellow Hiroさんの記事:
 http://www2.cc22.ne.jp/~hiro_ko/2-58haruna.html
 (やったことの良い悪い、自分が同じことをするか、というのとは別に)。

  殺された園児やその親に恨みがあったわけではない、という。

  「このままでは自分の娘がダメになる」と言うけれど、自分の母親が
  目の前でお友達を殺す光景を見た娘のショックは考えなかったのか・・・

 自分も人の親なら、我が子を殺されることがどれほど辛いものか、
 わからないわけがないと思うのですが・・・

 言葉の壁があり、日本に馴染めなくて悩む、というところまでは
  わかります。

 しかし、その先の発想は・・・・・・

  なんというか、彼女が馴染めなかったのは、言葉の壁などではなく、
 そういう発想をする性格も原因だったのではないかと思えてしまいます。

 それに、言葉が壁になっていて馴染めないと思うなら、
 努力して日本語をマスターすればいいだけの話。

  自分は何もしないで、全部人のせいにする。
 いますよね、そういう人。

  そういう人は、同じ言語同士だって人が離れていくのに・・・
 そんな人だから、そういうこともわからなかったのでしょうね。

 どこの誰が何を考え、どんな行動を起こすかわからないんですね。。。

 本当に恐ろしいです。

  他人は一切、信用できない。そんな世の中になってしまったのでしょうか・
  ・・・・・

  これから生まれて来る我が子に、そのように教えなければならない
 のでしょうか・・・

 なんとも遣る瀬ない気持ちです。

********************************************************

この意見に対するコメントは→ info@nccc.jp


 

 

 

Copyright© 2004.nccc.jp, All rights reserved.