防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
少しでも安く 防犯効率アップを! 問題は、あなたの家を守れるか守れないかです。
犯罪被害や防犯対策へのご意見や妙案公募

 

ご意見や妙案を募集しています。
                
児童の誘拐や殺人事件への対策はどうすればいいの?

              イタリア在住 Kさんからのご意見
                                    18.02.20

 初めてお便りします。私はイタリア,ミラノに17年在住です。

 恐ろしい事件が日本で起きるたびに思うこと,,,。
 犯罪では一歩先を行くここイタリアをなぜ見習わないのか,,,。

 自分の貴重品を平気でホテルの部屋に置いたまま外出する日本人観光客。

  自分の子供を平気で一人で学校へ通わせる日本人。

  子供を平気でエレベーターに一人で乗せる日本人。

  全ての人が親切で正直者だと思い込む日本人。

  実際は「人を見たら泥棒と思え」なのです。


 ここから見てるととても恐ろしいばかり。

 イタリアでは小学生以下の子供たちは一人でエレベーターに乗っては
  いけません。

 一人で通学中に何らかの事故,事件に巻き込まれると全て親の責任です。

 親が国から訴えられることになります。

 学校は登録した保護者が迎えに来ない限り,子供を渡しません。

  学校の責任はそこまで。校門から外は親の責任です。

  校内へは勝手に入れず、先生との約束があっても、
  滅多なことでは教室に行くことはありません。

 外を子供たちだけでうろうろしてる姿はありません。

 ここまでしないと子供の安全は守れないのです。

 なぜ、社会や学校のせいにして手を抜くのでしょう。

  イタリアのまねをする必要は無いと思いますが、

  事件があった後必ず聞く社会のせいにするのは
  もうやめる時期が来たと思います。

 子供も、貴重品も自分で守らないと守れないのです。

  一番信用できる人、それは自分です。

 だから、他人を信じすぎてはダメなのです。


 私はイタリアでこれらのことを学びました。
 
 でも、まだまだのんきな癖が抜けません。

 事件があるたびにとても残念でたまりません。

この意見に対するコメントは→ info@nccc.jp


 

 

 

Copyright© 2004.nccc.jp, All rights reserved.