防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
少しでも安く 防犯効率アップを! 問題は、あなたの家を守れるか守れないかです。
犯罪被害や防犯対策へのご意見や妙案公募
第73号  侵入盗の被害想定とは?・・・ 3. どんな被害にあう可能性があるか?

  犯罪捜査にご協力を・・(警視庁HP)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/submenu.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /\    「泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座」
  / ○\        http://www.mag2.com/m/0000141842.html
/ ■  \   住宅の防犯意識の向上や、防犯対策のお役立ち情報誌です。   
|  П|         
"""""""""""""""─_      第73号    2006. 1.26(木) 発行 
                         発行部数  2522部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  (関連URL)
  NPO全国住宅省エネ防犯研究会ホームページ: http://nccc.jp
  防犯コラム・相談:All About プロファイル: http://profile.allabout.co.jp/pf/anshin
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  目次
  ・◇ 侵入盗の被害想定とは?・・・3. どんな被害にあう可能性があるか?
  ・◆ (学童の安全対策とと被害想定)へのご意見メールご紹介
         ・・・・・NHKが対策の実態を放映していました。
  ・◇ 生活お役立ち情報           
  ・◆ 編集後記 (お役立ちメルマガ探索)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       **** はじめて読まれる方へ ****

  空き巣や強盗の被害者は警察認知数だけでも、年間約30万件、被害届けを
  出していない人も多く、年間の被害者数は1.5倍とも2倍とも推測されます。

  この数値は、防犯対策をしっかりしないと、あなたが一生に一度は被害にあう
  可能性を意味しています。

  最近の犯罪は、凶暴且つ大胆で命の危険さえあるのです。
  被害がもたらす家庭崩壊、人生破壊は本当に悲惨です。

  「防犯」は住宅・建物の基本性能です。

  建物の防犯対策を勉強して頂き、「安全と安心」な生活にお役立て頂き、
  多くの市民が防犯対策をする事が、建物犯罪の撲滅に繋がると確信します。

                     安心くん こと 安藤心吉
  バックナンバーをご覧になりたい方→  http://nccc.jp/mm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ここから本文です・・・

  ◇侵入盗の被害想定とは?・・・3. どんな被害にあう可能性があるか?
   http://www.nccc.jp/mm.backnumber072.htm  のつづき

   <3.被害の可能性とは?>

   この件は、 http://www.nccc.jp/mm.backnumber069.htm
   でも触れていますが、重要なので改めて・・・


   あなたは・・・・
   空き巣などの被害は「お金や宝石」だけと思っていませんか?
    |
    |   
    ↓

   確かに、空き巣でも・・侵入強盗でも・・目的はお金・・・・
   それも、できるだけ大金を狙っています。
   宝石や、貴金属、パソコンやゴルフクラブにいたるまで
   換金してお金にするのが目的です。

   しかし・・・
   彼らの目的は「お金」でも、・・被害はお金だけですみません。

   たとえ、少額の金品を盗まれても・・・いや、何も盗られなくても
   殆どの被害者が、心の傷(精神的被害)を受けています。


   だって、気持ち悪いですよね。

   一度入られると・・・

   見てもいない犯人を想像したり、怖くて寝付きが悪くなる・・とか
   熟睡できなくなる・・とか
   健康を害しますね。

   主人と子供が出かけて一人っきりになったとき、
   急に恐怖が襲ってくる・・とか
   結局主人が帰るまで、外の喫茶店でまってる・・とか
   トイレに行っても怖さが先にたって出るものも出ない・・とか
   幸せな生活も恐怖の毎日に変わります。

   一人暮らしの女性なんか引っ越しちゃいますね。


   長くこのメルマガを読んでくれている人には、
   もう耳にたこができたかもしれませんが、
   やっぱり一番怖いのは、犯人達とでくわすことなんです。

   高齢者の人なら、抵抗もできず「老後の蓄え」を根こそぎ
   もって行かれ・・・余生をどうやって過ごしたらよいのか・・とか

   女性は、大金を盗られたうえに口封じのために「レ・・」された・・とか
   「レ・・」ってもう言いたくないです。  

   NIKKEI NETニュースの犯罪被害者支援・基本計画案
   http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051227AT1G2603426122005.html
   を読んでも 

   被害者への経済的支援の中に「緊急避妊費用の負担を軽減する」とか
   も入っているくらいです。


   そして・・傷害、殺人、放火と・・・


   簡単に言うと、犯人の目的は「お金」でも被害は、
   下記のように多用な想定となるのです。

   そして、どれも可能性があり、明日は我が身と思って
   対処すべきことを忘れはなりません。

   被害の大別
   1:金品被害のみ(空き巣・居空き・忍び込み)

   2:被害後の精神的被害(空き巣・居空き・忍び込み)

   3:大金の被害で生活破壊
          (空き巣・居空き・忍び込み・強盗)

   4:金品及び緊縛、傷害など肉体的、精神的被害(強盗)
          重大傷害(レイプ含む)で人生・家庭が崩壊することも・・

   5:金品の他、放火や殺人(強盗)

  次回に続く

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

http://www.nccc.jp/mm.backnumber072.htm  のつづき

安藤心吉様

お手紙ありがとうございます。
hazitです。

> >   「人にされて嫌なことは、人にしない」
> >   「自分がして欲しいことを、率先して相手にしてあげる」
> >   という価値観を皆で実行する。

> 素晴らしいですね。
> みんなが服部様のようだと良いのですがね。
> 皆がそうであれば犯罪者はなくなると思います。

いえいえ、私が幼い頃よく親に怒られた言葉です。
言うは易く、行なうは難しと申します。
私もそこまで一貫できず、いつも彼女とケンカの毎日です。(笑)

> もっと危険なのは、防犯を他力本願にして自分でやるべき事をしない事ですね。

ご指摘の通りだと思います。

公的機関に任せると言っても、市区町村が「防犯強化月間」とか言って

「警備員が50m間隔で街中を24時間厳戒態勢」

なんてしたら、それはそれで「気持ち悪い」と文句が出そうですしね。
(税金のムダ使いだとか。。)

そういう意味では、防犯も、
「自分の家の垣根(マンションの場合、ドア)」までではなく
「自分の家の垣根から見える範囲」を監視の範囲にしたら
もっと犯罪者がつけ入る隙が減るんでしょうね?

> そういえば私もスーパーやコンビニで買い物をしますが、
> そこでの会話が殆どないのが現状です。

私も会計時に「お願いします」と会計後「ありがとう」または
「ごちそうさま」と言うよう心掛けてはいますが、
なかなかいつもとはいかないですね。

> 親子で買い物に来ている人も少ないんじゃないですかね。
> 小学生の児童と一緒に買い物することも大事な教育じゃないのかな?

そうだと思います。

一緒に歩いて何が危ないのか教えてあげることも大切ですが、

自分の子どもが自転車のハンドルに頭をぶつけていたら
「これは危ない」と思うでしょう。
でも、自分で歩いていたらそもそも避けて歩けるので
気がつかないない。

そういうことも大切なのではないかと思います。

(防犯以外では、食の安全や原産国で社会のお勉強
  情報検索性(広い売り場からお目当ての商品を探す力)
  経済感覚など、教えどころ満載です。)

> 具体的な方法として、今コンビニを「駆け込み場所」にする動きがありますね。
> 良いことだとは思いますが、皆さんはどう思われますか。
>
> ○地域に根付いたお店もやったほうが良いんじゃ・・?
> ○公共機関は公園に防犯カメラを取り付けたり・・も
> ○核家族化の中、地域の高齢者と児童のふれあいの場も検討しては・・
> ○それから大人は率先してすれ違いの人に「こんにちは・・・良い天気ですね」
> ・・・しかし、何をしても、やっぱり親子がもっともっと会話を密にして
> 親身になって「児童の防犯」を話をよくすることが最も大事ですね。

個人的には4番目(挨拶)は特に都会では効果が大きいと思います。
(その分心理的障壁も高そうですが。)

そして3番目の話(ふれあいの場)も併せて考えると
ふと、大人同士が会話をしなくなったんだと
自己反省湧き上がってきました。

とは言うものの、夜道一人で歩く女性に「こんばんわ」と声を掛けると
逆に叫ばれそうですが、
「地域に会話を増やす」という方向性は良いと思います。

まずは、緑のおばちゃん(おじいちゃんが多い?)に対する
挨拶でしょうかね?
(気味悪がられないか心配もあったりして。。。)

今後も役立つメールマガジンを楽しみにしています。
私でもお役に立てそうなことがありましたら、
お気軽にご連絡ください。

hazit
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

25日のNHKのホットモーニングでこの問題をとりあげていました。

今市市の主な対策は、集団登下校・・しかも全校で一斉に登下校し、
先生と父兄が途中で更交代する引率方式。

あれから1年経った奈良市富雄北地区の主な対策は、
学区域内に40数カ所のステーションをつくり、先生と交代制の父母が
学校とステーションの間を受け持ち、ステーションから家までは各自の
親が引率を受け持つというもの。

素晴らしいノウハウを作りましたね。猛烈な努力の跡が覗えます。
そして最も関心したのは、子供と町を歩いて子供が安全マップを
つくる指導です。

大人が作った安全マップを子供に説明するより、子供達はマップを
作りながら「どこが危険か」より「何が危険か」を知って、どんな場所に
対しても自分で「安全・危険」を考えられるようにしたほうがずっと
ずっと応用力ができて良いですね。

大変でしょうが、他の地域もこのレベルに早く追いついてもらいたいものです。
NHKサイト  http://www.nhk.or.jp/hot/onair_old/index2.html
良い番組ですね。・・1月25日のバックナンバーに載っていますよ。

それから、前回・・
○核家族化の中、地域の高齢者と児童のふれあいの場も検討しては・・・
を紹介しましたが、こちらの地域でもこのような対策には父母や先生の
大きな負担があって、高齢者への協力を依頼しているとのこと。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


  ・・・児童の安全に関してご意見や妙案を募集しています。・・・

  ご意見や妙案は、支障の無い限りメルマガで紹介させて戴き、
  意見交換の場とさせていただきます、

  発信者様の地域名は郡市区まで、御名前はハンドルネームや
  アルファベットの頭文字でご紹介させて戴きます。
info@nccc.jp  までお気軽にどうぞ・・・・

  「意見の広場」  http://www.nccc.jp/opinion-square.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  生活お役立ち情報

  このコーナーは、執筆者が見付けた生活お役立ち情報を掲載していきます。
  防犯とは関係ないものも独断と偏見?で・・・

  今日は何の日?  :  http://www.nannohi.jp/
  建築なんでも質問 :  http://profile.allabout.co.jp/

  我が家の危険度チェック :  http://www.nccc.jp/check.htm

   無駄と隙のない防犯住宅にするには・・
  防犯たてもの診断→防犯プラン: http://www.nccc.jp/shindan-diagnosis.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ 編集後記

   あるメルマガを読んでいたら、こんな下りがありました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  強豪鹿児島実業に勝って、見事に初優勝をに導いた野州高校
  のもとプロレスの監督のやり方・・・・

  野州サッカーの教訓を、自分人生の経営に置き換えると、
  いろいろと示唆に富んだヒントが得られます。
  例えば幾つかあげると、

  1.自分人生のビジョンや自分軸を描くことは、何よりも重要
    そして、その軸は簡単にぶれないことが必要
  2.自分人生経営のコンセプトを明確にすることは、活動指針が明確になる
  3.自分人生の経営を楽しむ視点を忘れない
    そして、時には“華”や“魅せる技術”が必要
  4.これからは、組織の歯車になるのではなく、自分個人が光り輝き、
    活躍できる場を生み出すことが重要
  5.異なった視点を持ち、リスクをとって行動しすることで、結果につながる
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  ・・・・・・・良い言葉ですね。私も参考にします。
  詳しくは・・ http://www.mag2.com/m/0000088314.html  参照

  前向きなメルマガを読むと、忘れていた大事な事が思いおこされます。

  ではまた来週・・・

----------------------------------------------------------------------
     泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座



 

 

 

Copyright© 2004.nccc.jp, All rights reserved.