防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
 
第68号  なぜ普及が遅い防犯対策

  このところ、山田優さん、石田純一さん、内田裕也さん、赤井英和さんと
  芸能人が連続的に空き巣被害にあっていますね。

  一般の人がこの程度の被害を被ってもニュースにならないですね。
  被害額2〜3000万のような大きな事件や殺人事件などでないと
  一日に1000件近くの事件をニュースにしていたらいくら紙面があっても
  足りませんからね。

  芸能人が連続空き巣に入られていると言うことは、
  ニュースにならない空き巣や強盗事件が急増しているのではないかと心配してい
  ます。

                       皆様くれぐれもご用心を!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /\    「泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座」
  / ○\        http://www.mag2.com/m/0000141842.html
/ ■  \   住宅の防犯意識の向上や、防犯対策のお役立ち情報誌です。   
|  П|         
"""""""""""""""─_      第68号    2005.12.16(金) 発行 
                         発行部数  2001部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  (関連URL)
  NPO全国住宅省エネ防犯研究会ホームページ: http://nccc.jp
  防犯コラム・相談:All About プロファイル: http://profile.allabout.co.jp/pf/anshin
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  目次
  ・◇なぜ普及が遅い防犯対策               
  ・◆編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       **** はじめて読まれる方へ ****

  空き巣や強盗の被害者は警察認知数だけでも、年間約30万件、被害届けを
  出していない人も多く、年間の被害者数は1.5倍とも2倍とも推測されます。

  この数値は、防犯対策をしっかりしないと、あなたが一生に一度は被害にあう
  可能性を意味しています。

  最近の犯罪は、凶暴且つ大胆で命の危険さえあるのです。
  被害がもたらす家庭崩壊、人生破壊は本当に悲惨です。

  「防犯」は住宅・建物の基本性能です。

  建物の防犯対策を勉強して頂き、「安全と安心」な生活にお役立て頂き、
  多くの市民が防犯対策をする事が、建物犯罪の撲滅に繋がると確信します。

                     安心くん こと 安藤心吉
  バックナンバーをご覧になりたい方→  http://nccc.jp/mm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ◇なぜ普及が遅い防犯対策

  多分、このメルマガを読んでいるあなたは自宅の防犯対策を既に
  されているとは思いますが、

  世間一般に「我が家の防犯対策」を普及促進する事の難しさを
  痛感しています。



  毎日のようにいろいろな事件が報道されていても、
  一般の人々にとってテレビの中の事で実感がいまいちなのか?



  なんでかなー?? と考えたり悩んだりしていたとき、
  今年の流行語大賞に「想定外」という言葉がノミネートされたんです。

  ハリケーンカトリーナや台風14号は想定をはるかに超えた威力を持つに
  至り、大きな被害をもたらしました。

  又、震度4強〜5弱程度の地震で、東京では多くのエレベーターが
  宙づりのまま長時間止まり、電車も止まって多くの人々の足が奪われ
  何時間もバスを乗り継いだり歩いたりして帰宅しました。

  杉並区では、1時間に50mmの雨量を想定して環状七号線
  の地下に大きな貯水池を作っていたが、100mmの雨が降って大洪水・・

  いずれも「想定外だったとか・・・・・。」

  ・・・・あっそうか!

  被害想定があるから、対策があるんだ。

  だから想定外もあるんですね。


  では、空き巣や強盗など住宅侵入盗の被害を想定しただろうか?

  人々は、もし自分の家に不審者が入ってきて犯罪を犯す可能性に対して
  「被害想定・・・・(はっきりした被害予想のイメージ)」をもっているのだろうか?

  テレビや新聞の事件報道を見て、「最近は物騒だな!」とは感じていても、
  自分の家が被害に遭う可能性までは、なかなか実感出来ないのでは
  ないか?

  又いろんな事件があったことは知っているが、具体的な可能性として
  分析され把握されていないのでは??



  あるいは、そんなこと考えてみたくもないんじゃないかな?・・・

  など自問自答して・・・



  しかし・・・しかしですよー・・・。

  国の防衛も、地震や台風などへの備えは、被害想定に基づいて行うのと同様、
  家宅侵入盗対策も被害想定がなければ始まらないのでは?
  又真剣に取り組む筈がないんじゃないでしょうか。

  でも、「あなたの家はこんなに危険でいつ空き巣にやられてもおかしくない状況なん
  です。」、 「ここと、ココが危ないから・・ですね・・・」なんて言うのは、はっきり言って
  いやなもんです。

  だって、脅しているようで・・・


  先日ある講演会でこの話をしたら、「先生、今夜は眠れそうにありませんよ。」って
  言われちゃいました。


  「確かにそうかもしれませんが、この話は、インフルエンザの予防注射のようなもので、・・・
   予防注射はチクッといたいでしょ。
   一時チクリと痛くても、しっかり予防する事が大事じゃないですかね・・。」

  と言ったら「なるほど・・」とおっしゃっておられました。


  一般市民各戸の防犯対策がいまいち進まない大きな理由が
  「被害想定の欠如」 ではなかろうかと痛感する次第です。

  次回は、「被害想定」についてお話しましょう。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  ◆我が家の危険度チェック→  http://www.nccc.jp/check.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ 編集後記

  凶悪女児殺害事件が2件続いたと思ったら、

  又今月10日に京都市宇治市の学習塾「京進・宇治神明校」で小学校6年生の
  堀本紗也乃(さやの)ちゃん(12才)が同志社大学法学部4年でアルバイト講師
  の萩野裕(ゆう)容疑者23才に殺害されました。

  教室の中で、しかも先生が・・・そして12日には近くの校舎で塾再開??
  京都新聞:
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005121200070&genre=C4&area=K00
  生徒達の心の傷をいったいどう考えているのでしょう?
  再発防止策はこんなに早く簡単に打ち出せるものでしょうか?
  京進: http://www.kyoshin.co.jp/



  いくら、受験シーズンといっても、

  当分の間は喪にふくしたほうが・・・

  生徒の心のケアはどうなっているのでしょう?
  又塾の責任はどうなるのでしょう?


  ではまた来週・・・

----------------------------------------------------------------------
     泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座



 

 

 

Copyright© 2004.nccc.jp, All rights reserved.