防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
 
第62号  我が家の防犯診断7 ドア(玄関・勝手口)診断−1−ドアの危険性


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   /\    「泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座」
  / ○\  
/ ■  \      住宅の防犯意識の向上や、防犯対策のお役立ち   
|  П|         情報誌です。
"""""""""""""""─_      第62号    2005.10. 27(木) 発行 
                         発行部数  2064部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  目次
  ・◇我が家の防犯診断7 ドア(玄関・勝手口)診断−1−ドアの危険性 

  ・◇写真と図解でわかる・・自分でできる!防犯対策 (バックナンバーより抜粋)

  ・◆編集後記 国会審議(共謀罪)・・・・えっ!賛否両論?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       **** 初めて登録された方、など
  バックナンバーをご覧になりたい方 ****
               →  http://nccc.jp/mm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◇我が家の防犯診断 (防犯対策工事の効率化・格安化を!)

  このコーナーでは、皆様の住まいの防犯診断と解説をしていきます。
   ご自宅が該当するかチェックして下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  <<7 ドア(玄関・勝手口)診断−1−ドアの危険性>>

  本題に入る前に・・・・

  一昔前までは、「空き巣」と言えば、だれでも「ピッキング」と言う
  文字が頭に浮かんだくらい、ドアからの侵入が当たり前のように
  言われていました。

  今やガラスからの侵入の方が増えていることは否めない事実
  ですが、「ドアの防犯対策」は基本的重要事項であり、
  まだまだドアからの侵入数も多い事もあって是非チェックを
  怠らないで下さい。

    尚、当たり前ですが1戸建て住宅は玄関ドアと勝手口ドア、
  マンションや集合住宅は玄関ドアのチェックです。

  本題

  防犯対策の観点からドアを見ると・・・

  1戸建ての場合は、

  1.外部から良く見えるドア(人通りのある道路などに面している)

  2.外部から良く見えないドア
    (建物の形状や配置上、見えにくい。
     公園や空き地、駐車場からは見えるが、人が少ない。
     ワンボックスカーを止めると見えなくなる場合ドアなど)

  に分類し、

  マンションなど集合住宅の場合は、

  1.外部からよく見えるドア(通行人の多い道路に面した1階のドア)

  2.外部から良く見えないドア
    (上記以外・特に曲がった通路で死角になっているドア)

  3.階段など不審者が隠れやすい場所に近いドア に分類します。
    |
    |
  チェック・チェック・チェック!・・・

  あなたの家のドアは(1・2)のどちらですか?

  又マンションの場合は(3)に該当しませんか?
    |
    |

  <解説>

  1. 1戸建ても集合住宅も(1)に該当する場合は、比較的狙われにくい
     ドアですが、対策を全くしないのは、非常に危険です。

     空き巣や窃盗団は、下調査の段階でまず目に入るのが
     「外部から見えるドア」であり、ここで「見える対策」をしておくと
     「この家は防犯意識が高く、かなり対策をしているな!」と思って
     侵入予定から外す可能性につながるからです。
     (もちろんドアだけ対策しておけば・・・との考えは早計ですが・・)

     逆に、「見えるドア」に「見える対策」をしておかないと、
     「この家は、防犯意識が全くないな!入りやすいかも・・」などと
     侵入予定の最初の条件になります。

     結果として窓ガラスを割られて侵入されたとしても、ドアの防犯
     が出来ていないことが原因の一つであることに変わりありません。

  2. (2)に該当する場合は、犯人達がドアをコジ開けたり、何らかの
     破壊工作をする時間があるドアですので、防犯の最重要項目
     と認識して下さい。

     犯人達は下調査の段階で、このような家を見付けると、
     何らかの方法で、敷地内に潜入して、「頑強に対策してあるか?
     対策に隙があるか?対策していないか?」などを見極め、
     対策の隙があれば、次回に侵入する予定に書き込む
     ことでしょう。

     万全の防犯対策をしている場合は、「窓がどうなっているか?」
     の確認にいこうするのです。

     又、マンションの場合は、全戸のドアをしっかり対策する必要
     があります。

     なぜなら、一戸のドアを破られると、その後はベランダ伝いに
     連続空き巣にやられる可能性があるからです。

  3. (2)に加え(3)に該当する場合は、メルマガ60号
    http://www.nccc.jp/mm.backnumber060.htm 
     の(5)でも触れたように、
     帰宅を狙った押し込み強盗の危険性もあります。

    今回はここまで・・・

    ドアの防犯部品チェックや対策は次回にさせて頂きますので、
    是非目を通して下さいね。

      予告  次回:   「我が家の防犯診断7 
            ドア(玄関・勝手口)診断−2−ドアの防犯部品チェック」 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  ◆掲載済み 図解防犯対策 (初めての方や再度見たい方必見!!)

   <激安!防犯対策満載!!> 
   http://blog.livedoor.jp/cpiblog00540/archives/13502309.html

  ◆防犯クイズ(初めての方や再度見たい方へ!)
   http://blog.livedoor.jp/cpiblog00540/archives/cat_699290.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆ 編集後記 

  「共謀罪」に賛否両論・・・・

  26日、衆議院法務委員会では、
  当人が実際に犯罪を犯さなくても、

  犯罪を犯す事に合意していれば、それだけで
  処罰できる「共謀罪」を新たに設けるなど

  改善案について、参考人質疑を行い、
  弁護士や法学者などが賛否両論の
  それぞれの立場で 意見を述べました。

  本国会での成立について、政府は既に
  断念していて、次回に継続審議をする予定
  との事です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  こんな法律が今までに無かったとは驚きです。
  これでは、犯罪組織などの幹部は、実際に自分の手を汚さず、
  実行犯にだけ罪をかぶせておけばよいことになりますね。

  殺人だって、「あいつを殺そう」と合意していても、
  罪にならないなんて絶対に許せないとは思いませんか?

  これでは、警察の苦労も理解出来ますね。

  この法律が早く成立しないと、いくら警察が取り締まっても、
  我々が、いくら防犯対策を普及促進しても、
  犯罪は後を絶たないことになりませんかね?

  是非、次回に継続審議とは言わず、一日も早い成立を
  期待します。

  「賛否両論の立場」とありますが、
  否論の立場なんて到底理解出来ません。



 

 

 

Copyright© 2004.nccc.jp, All rights reserved.