防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
少しでも安く 防犯効率アップを! 問題は、あなたの家を守れるか守れないかです。

安心くん(安藤心吉)からのメッセージ
どろぼう、空き巣、強盗の被害に対する防犯対策意識を高めて欲しい。


  どろぼう、空き巣、強盗など建物に侵入する犯罪の被害者は、警察が把握している数だけでも一日平均1000件近く、平成13年には年間30万件を超え、被害届けを出していない数を加えるとその数は想像を絶します。今日本はどろぼう、空き巣、強盗などやり放題という正に犯罪天国に陥っています。この状況を早く脱却し以前のように「安全神話」を取り戻す為には、日本国民の全てが「うちには絶対にどろぼうを入れないぞ」との強い防犯対策意識を持って、各住宅や建物にしっかりとした防犯対策工事をしておくことが肝要です。従来のように防犯は警察だけに任せるだけの時代は終わったのです。 日本全国つつうらうら、皆々様の各住宅や建物にしっかりした防犯対策を施した時、はじめて犯罪の少ない「安全神話」を取り戻す事が出来るのです。一軒の防犯対策は全国の防犯に繋がり、みんなの防犯対策がどろぼう、空き巣、強盗を撲滅し、あなたも私もみんなが安心して暮らせる世の中をつくるのです。

 まずは、是非「我が家の危険度チェック」をしてみて下さい。少しでも危険を感じたら、次の「防犯対策シミュレーション」もチェックしてみて下さい。

 

1/


 

 

 

Copyright© 2006.nccc.jp, All rights reserved.