メールマガジン「泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座」 の説明・コラム専用ページ

読者のご意見メール

                   メルマガ81号へのメール

  Hazitさんのご意見(06.03.29)

  安藤 様

  ご無沙汰しております。hazitです。

  “ニュースにならない発生情報”って、非常に大切だと思うのですが
  どうすれば手に入ってくるんでしょうね?

  リアルタイムで知る必要はないと思いますが、
  (逮捕という観点からは以前紹介いただいたような
  携帯メールでの情報共有も必要だと思います)

  例えば、毎月「いつ」「どこで(丁目)」「どんな手口で」
  「どんな家が(戸建、マンション)」被害にあったのか、
  居住の市区町村、周囲の市区町村別に一覧表でもあると
  助かるんですが、
  そういう情報を取扱っているWebサイトなどはご存じないですか?

   マンションに「多発しています!」と張り紙はあるのですが
   どの程度気をつけるべきか今ひとつぴんとこないんですよね。。。

  欲を言えば、
  白地図(または道路地図)にプロットしてあって、
  マウスを当てれば上記の情報が出たり
  日付(期間)や手口を検索キーにできたりすると
  防犯にも役に立つと思いますが、
  被害者のプライバシーを考えるとそこまではしにくいのかも
  しれませんね。

  と考えたところで警視庁さんのホームページに
  事件事故発生状況マップ
  www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/annai/map_annai.htm
  というのがありましたが、
  物騒な事件が多くてつい目をそむけてしまいました。。。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~
  これではいけませんね。

  今自分のとった行動に少々驚きました。

  自分では割と防犯意識もあり、正義感も少なからずあると
  思っていたのですが
  上のWebサイトから近所の星をクリックしたら・・・
  目の前に現れた“死体遺棄事件”と“犯人の似顔絵”に
  という現実に驚いて思わず閉じてしまいました。

  現実に目をそむけるというか、それ以上知ろうとしないというか。。。
  でも、これって私だけなのでしょうか?
  反応の大小はあれど、多くの日本人が似たような行動を
  取るのではないでしょうか?

  さて、どっちが本ネタか分からなくなってきましたが、
  前号のNさんのうつ病の話と、今号のKさんの外国人に甘い日本人
  の話を読んだ雑感です。

  平和ボケと言われると耳が痛いです。

  Kさんの投稿を読んだとき、「甘い」と言われたって
  「親切で何が悪いのさ」と思いました。

  でも、自分が身近なところで起きている事件に目をそむける
  瞬間に気が付いたことで、
  「親切が悪いわけではない」とは思いますが、
  「無条件に信頼するのはよくない」と思い直しました。

  私の周囲にもうつ病というか、精神的に健康でない人は
  たまにいて。
  友人なので事件を起こすとは考えたくありませんが、
  いつ何が原因で暴走するかわからないなと思いました。

   ちなみに「精神的に健康でない人」には、
   ちょっと怪しい宗教にハマった友人や、
   夢もなくニートやフリーターをしている友人を含めています。
   大袈裟に言えば、仕事やプライベートでかなり思い悩んでいる人も
   含まれるのかもしれませんね。

   彼らは社会生活は送れるので、精神病とは扱われませんが
   ある意味で「へービースモーカー」と「ニコチン中毒者」の
   関係に近いのではないかと思います。
   (健康と病気の境目というのは非常に曖昧ですしね)

  外国人労働者も、「心優しき日本人に心の中で舌を出している」
  のであれば、同じ目線で見つめる必要があるのかもしれませんね。
  (極論ですか?)

  そういう意味で今の日本は“予備軍が沢山いる”という
  現実があるのだと思います。

  そうなると次に予備軍をいかに犯罪者にしないかという
  視点が大切だと思います。

  窃盗団には厳重な警備・対策で対応できても、突発的な事件は
  いたたまれないだけなので。

  妙案を考えるまでに書きすぎてしまったようです。

  桜も咲き、もうすぐ入学式です。
  皆さんの学校や塾などでこのような話合いができると
  良いですね。
  (ここに参加できない人が予備軍なのかも!?)

  平成18年3月29日

  安藤の返事は次回に・・・

 

 

 関連ホームページ