防犯生活15箇条のダウンロード
防犯のリーフレット「防犯の心得」
我が家の危険度チェック
被害住宅の例1
少しでも安く 防犯効率アップを! 問題は、あなたの家を守れるか守れないかです。
被害住宅の例
 
 実際にNPO法人 全国住宅省エネ防犯研究会が相談を受けた典型的な被 害住宅の一例を挙げて、「問題点」や「対処法」などを示しています。ご自分の環境 に照らし合わせて参考にしてみてください。
安心くん(安藤心吉)

<<事件概要>>
夕方家人が車で出かけている時に泥棒は侵入した。
庭木に隠れた裏窓の面格子を破壊し、網入りガラスをこじあけての侵入であった。
被害は金品のみだが、現金と宝石類数百万円を盗まれた。

犯行現場(イメージ)

泥棒の餌食にされた理由
うちにはどろぼうは来ないと思っていた。(無警戒)
在宅中はドアを少し開けていた。(在宅していれば入って来ないと思っていた)
都会の住宅地に所在している。(新興住宅地)
高級車がある(金持ちの印)
四つ角に面している。(家の裏まで確認できる)
庭木が茂っていた。(隠れ場所がある)
電話番号を誰でも調べられる。(在宅・留守の確認可能)
面格子と、網入り硝子が防犯効果有りと思っていいた。
我が家の危険度チェックは(非常に危険)でした。

対処方法
1.
何時来るかわからないし居住地は変えられないので特に警戒意識が必要。
2. 在宅中も鍵をかける習慣を。
3. 新興住宅地や都会は常に用心が必要。
4. 外から車を見えなくするか、高級車は近所の駐車場に置く。
5.6. 四つ角に面しているため、庭木の枝を少なくして外から見えるようにする事や、センサーライトで夜間も外から見えるようにしたい。
7. 知らない人に電話番号を知らせない為に、電話番号案内から外す。
8. 従来の面格子や網入り硝子は殆ど防犯効果が無いので、たとえ侵入しようとしても、時間をかけさせるよう、頑丈な面格子に取り替え、ガラスは防犯フィルムを貼るか、防犯硝子にリフォームしたい。

<<総 評>>
初めての為か、留守を狙っての犯行であったが、もし次回同じ犯人が狙うとしたら家人がいる時を狙って預金を狙う可能性がある。一度おいしい思いをすると、ほとぼりがさめた頃再来する可能性が高い 。夜中でも一部の電気を消さない事。早急な防犯対策が必要だ。



 

 

 

Copyright© 2006.nccc.jp, All rights reserved.